建築CAD検定試験

CADの資格試験というと、概ね機械系CADを想像される方が多いでしょうが、この「建築CAD検定試験」は、文字通り建築用図面を「CAD」を使って描く技量を測るもので、1993年に誕生した日本初の建築CADの資格試験です。

3級

(試験時間:2時間)(合否判断基準:200点満点中 140点~150点を目安とする)

 

与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする実力を備えているかを問う。
試験は実技試験で、建築図面の要素を取り出して作成した参考図をもとに、完成図を一定時間内に作成する。なお問題数は4題である

 

<例>
・階段平面図 (S=1/30)
・通り芯・寸法・通り芯記号 (S=1/100)
・柱・壁・間仕切壁(S=1/100)
・壁と窓(S=1/30)      など  

第72回 建築CAD検定試験2018年4月実施)

 試験日   4月1日8日・15日・22日の各日曜日

 願書受付期間1月15日(月)~2月20日(火) 

 受験料   :10,300円

 

※申し込みまたは問い合わせは、電話、メール、上記のお問い合わせからお願いいたします。

=当教室の受講日=

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

表内が白色の日が講習可能日です。表内がピンク色の日はお休みです。